【UberEats横浜】2000回配達達成!

2018年6月から始めたUber Eatsの配達で、先日3月4日に2000回の配達を達成しました。累計期間8ヶ月26日(9ヶ月マイナス2日)でした。

1000回を達成したのが、2018年の11月25日でそれから3ヵ月少しで1000回配達したことになります。1回から1000回達成までが約5ヶ月半だったので、少しペースが上がりました。

1000回達成の記事はこちら↓
Uber Eats 横浜で1000回配達を達成!

 

2000回目でもいつも通りにマクドナルド

これまで、1回目、500回目、1000回目と節目ごとにマクドナルドのピックと節目はお決まりパターンでしたが、今回もマクドナルドでした!(1500回目はマクドナルドではなかったので忘れましたww)

これまでの節目は1回目ベイクォーター、500回目ランドマークプラザ、1000回目新羽駅前で、今回2000回目は白楽駅前店でした。週末のランチタイムによく呼ばれるお店なので、「あぁ、いつものお店だ」くらいしか思わず、クルーの方もいつも通りです。

この日は天候が悪いためエリア制限があったことや、マクドナルドということもあって、配達距離は1km弱。以前にも届けたことのある注文者さんでした。

2000回目の記録としてプロフィール画面を残すためだけに、一時リクエストを停止してスクショ。

スクショ保存してオンライン復帰したら、すぐに2001回目が呼ばれました。ちなみに再び白楽駅前のマクドナルドでした。

 

2000回も配達してたらプロと言える?

1000回超えたあたりからそこまで低評価が付くこともなくなったし(累計1000〜2000配達の間に5回)、累計1300回配達を達成した頃にゴールドパートナー(GP🏆)になったし、イレギュラー対応にいちいち振り回されることもなくなった気がします。

GPについての記事はこちら↓
Uber Eats のゴールドパートナーになったので、選定基準とか分析してみた

ここまで来るとUber Eatsの?食事配達の?プロって言えるんじゃないかな?と最近思っています。実際Uber Eatsでの収入が大きな割合を占めてもいます。

2019年1-3月期のGP選定も選定期間の7割をすぎた現状でほぼ確実な状況です。プロと言うならばGP維持は必要要件かなと思います。

 

まとめ:3000回に向けて

2019年2月後半はかなりの頻度で稼働して、半月で250件くらい配達をしました。これを1ヶ月続ければ500回くらい配達できそうですね。

次の3000回が2ヶ月後くらいに達成できるように日々、時間があれば稼働していきたいと思います。

もちろん1-3月期のGP継続も最後まで気を抜かずいきたいと思います。あ、まだGPクーポン使い切れてなーい(>_<)

 

共有:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください